Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SNS
Facebookページはこちら

Twitterはこちら

New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
東関東アンサンブルコンテストに出場します!

 おひさしぶりです。クラリネットの る です。
テリー君の職場・一般バンドフェスティバル宣伝に先を越されたのですがその前に!!グランドシップから東関東アンサンブルコンテストに木管三重奏が出演しますので負けじとPRいたします!

木管三重奏のメンバーはオーボエK嶋君、バスーンA原君、そしてA管クラリネットの私です。
この組み合わせは「トリオ・ダンシュ(5枚のリード)」というジャンル名もあり近代フランスで発展した分野です。

今回チャレンジしているのもフランスの作曲家G.オーリックの作品です。
曲名はその名もズバリ


「オーボエ、バスーン、クラリネットの為の三重奏曲」

(そのまんまやん)

続きはかくしてみちゃったり・・・

 

彼はフランス6人組の一員であり、後にハリウッドに渡り「ローマの休日」「ムーラン・ルージュ(1952年版)」等のヒット映画の映画音楽を担当しました。更に帰国後パリ・オペラ座の音楽監督にも就任するなど母国のみならず世界的にも音楽界に大変貢献した作曲家です。

そんなオーリックが作ったトリオ・ダンシュは軽快なリズムと滑稽なメロディーの中にフランスの美的センスと洒脱さが光る作品です。

全楽章を演奏したいところなのですが、「5分」というコンテストのルール上、1楽章のみを演奏します。
指定テンポは♩=156(!!!!!)
楽章タイトルも「Decide(はっきりと、決然と)」となっており
とにかくジェットコースターの様に展開します。
行った事はないのですが、パリの活気ある市場か若者が沢山いる賑やかな街の様子が連想されます。

楽団内では
「あひるの親子の散歩」「速度2倍のメリーゴーランド」等の感想も頂いているのですがいずれにせよ「なんだか楽しそう」な曲であります。

3人での練習は仕事等の都合もあり1週間に1回がやっと・・・。
ですが、バランス、発音や曲想の統一、楽譜からオーリックが言いたかった事を想像してみたりトリオ・ダンシュの面白さを研究してみたりしていると3時間があっという間に過ぎたりしていて音楽的にとても充実しています。

一番楽しいのは、とにかく3人で言い合って、いろいろ試して、考えて、「そうか!これか!」と発見する作業です。
誰かが誰かの指示待ちをするのではなく、対等に、個人の練習やソルフェージュの成果をアウトプットして混ぜて整理していく点です。これが、ハードなスケジュールでもアンサンブルコンテストへのエントリーをやめられない理由だったりしますw


昨年12月17日(日)に行われた神奈川県大会は出演順が最後でした。
朝早くないコンテストは初めてでしたので、集中力が夕方まで持つか不安でしたが、なんとか練習の成果を舞台で発揮でき、またもう一度演奏できるチャンスをいただけて本当にうれしいです。

個人的には、意外にもアンコン出演は初めてというK嶋君の「ちょっと緊張した顔」見れて愉快でした。
(しかし、落ち着いた演奏と登壇はさすがです)
(A原君はお辞儀の練習をしましょう)
また、沢山の団員が応援にきてくれて、表彰式の際も演奏者以外のメンバーが残っていたのはGSが最多だったような気がします。


東関東大会は宇都宮で開催です。
友好団体であるゼーレンフォルクスオルケスタの皆さんに会えるのも楽しみですし餃子も楽しみです。そして何より演奏するのが楽しみです!

日帰り出来ると思いますので(!?)、是非いらしてください&応援よろしくお願いします!

第17回東関東アンサンブルコンテスト
2012年1月22日(日)宇都宮市文化会館
職場・一般の部(14:35開演)
18番 湘南交響吹奏楽団グランドシップ木管三重奏(16:29〜)
詳細:東関東吹奏楽連盟HP

posted by: | お知らせ | 00:20 | comments(3) | trackbacks(0) |
アンサンブルでの、お互いに意見交換して「そうか!これか!」を発見する作業、私も好きです。
合奏でも、大人数で難しい面もありますが、そんな楽しさをみんなで共有できたらいいですね。

東関東がんばってください!!
| みる | 2012/01/11 7:35 AM |
宇都宮のホール、自分は最高のホールだと思うんですよね。地元だからなおさらですが、またあのホールで吹きたいです

帰ったらみんなでギョーザパーティしましょう!!(笑)
| テリー | 2012/01/11 6:34 PM |
みる様>
大人数の合奏では、とにかく個人が合奏まで準備してきた事をアウトプットすることが大事な事ではないでしょうか?
相互での意見交換の代わりが指揮者の存在と仕事だと思います。「必ずちょっとは」アウトプットする合奏を目指したいですね!
宇都宮にも来てね☆

テリー様>
初めて行くホールなのでドキドキです。
プロの演奏でも3人程度の室内楽は小ホールでの演奏会が多い気がします。なので大ホールでの演奏は貴重な体験になりそうです☆
えーっと、餃子買ってくるの?!
ここはテリー君が宇都宮案内を・・・・ww
| る | 2012/01/13 10:55 PM |









この記事のトラックバックURL
http://blog.grandship.com/trackback/1424202
トラックバック